WoW!Koreaコラム インタビュー

【合同会見取材レポ】「iKON」、2年半ぶりジャパンツアー開催&3年4か月ぶりニューアルバム発売!「久しぶりにiKONICと会えて不安や心配は一気になくなりました」

コメント

2022/07/19 14:38配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

iKON」(アイコン)が7月13日(水)、3年4か月ぶりとなるニューアルバム「FLASHBACK [+ i DECIDE]」をリリース。そのニューアルバムを引っさげたジャパンツアー「iKON JAPAN TOUR 2022~FLASHBACK~」を開催するため2年半ぶりに来日した彼らが、合同取材を行い、久しぶりに来日した感想やニューアルバムで伝えたいこと、待っていてくれたiKONIC(「iKON」のファンネーム)への想いなどを語った。
(※合同取材はジャパンツアー神戸公演の後に実施)


Q. 2年半ぶりに来日してみての感想をお聞かせください。

CHAN:まずは長い間、待っていてくださったiKONICに感謝しています。僕たちも心待ちにしていたんですけど、神戸公演からたくさんの声援を送ってくださいました。これから活発な活動をして、皆さんとたくさんお会いできる機会が増えたらうれしいです。
BOBBY:空き時間に街を歩いていたら、たくさんの方が気付いてくれて、応援してくださったのが本当にありがたかったです。日本の皆さんは前からステキだと思っていましたが、またさらにステキになったなと感じました。
JAY:2年半ぶりだから、日本のファンの皆さんが僕たちのことを忘れているんじゃないかなって不安な気持ちもありましたけど、ライブをしてみたら、変わらずたくさん来てくれて、応援してくれたことに感動しました。
DK:僕も久しぶりに日本に来て、日本のiKONICの皆さんがたくさんライブに来てくれたので、本当にうれしかったです!今も本当にうれしいです。
SONG:2年半ぶりの来日なので、実は最初、心配していました。ファンの皆さんが僕たちのことを忘れていたらどうしようか、と。でも、神戸公演でその心配は一気になくなりました。皆さんに歓迎していただき、久しぶりにたくさんの皆さんの前で公演をすることができて、とても幸せでした。
JU-NE:2年半ぶりだから、来る前は、日本に行ったらいろんな感情がわいて、新鮮な感じがするんだろうなと勝手に予想していたんですけど、ここに来た瞬間、日本にはいい思い出があるから、2年半前のことを思い出しました。意外と“久しぶりだな”という気持ちより、“戻ってきたな”という感じがしています。


Q. 現在、「iKON JAPAN TOUR 2022~FLASHBACK~」を開催中ですが、久しぶりにファンの前でステージに立った感想、改めて感じたiKONICへの想いを教えてください。

CHAN:デビュー8年目なんですけど、デビュー前から日本のファンの皆さんが応援してくださっていたので、そのときから感謝の気持ちは変わっていません。これからはもっとiKONICの皆さんと一緒に楽しい、いい思い出が作れる時間が増えてほしいし、ステージに立つということは、僕たちにとっても、iKONICの皆さんにとっても一番幸せなことだと思います。
BOBBY:安全上の理由で、歓声を上げたり合唱したりすることはできないので心配していたんですけど、やっぱり熱気は十分に伝わってきました。声が出せなくても、本当に楽しくて、皆さんも楽しんでいることが分かりました。
JAY:長い時間、会えなかったから、その気持ちを2倍3倍にして返したいと思ったし、カッコいい姿で会いたい、満足させたいという気持ちで、頑張って準備をしました。会えなかった分、もっと楽しんでいきたいと思って、今ライブをやっています。
DK:久しぶりにステージに立って、日本ツアーならではの雰囲気を感じました。iKONICの皆さんがたくさん来てくれて、本当にうれしかったです。もっと頑張ります!
SONG:2年半ぶりに日本に来たんですけど、歓迎していただいてありがたかったです。会えなかった間、思い出が作れなかったので、これからはたくさん幸せな思い出を作っていきたいです。
JU-NE:皆さんからいろんな力をもらって、感謝の気持ちでいっぱいでした。


Q. 今ツアーでこだわった点、準備するうえで大変だったことはありましたか?

JAY:まず今回はカッコいい姿を見せたくて、しかも、盛り上がるライブをやりたくて、そういう感じの曲をたくさん入れました。だから、体力的にはちょっと大変で(笑)。でもファンの皆さんが目の前にいるから、力をもらって頑張れました。
JU-NE:2年半ぶりのコンサートということは、その間コンサートをやっていなかったってことじゃないですか。だから、振付を全部忘れちゃって(笑)。それを取り戻すのが大変だったんですけど、自分自身に勝ちました!
JAY:あと、ライブでMCを面白くしたいというのがあって、2年半日本語をしゃべっていなかったから、その部分も頑張って準備しました。でも、みんな意外と日本語ができていて、ビックリしました。
JU-NE:それも自分自身に勝ちました(笑)。


Q. 今回のツアーのセットリストをみると、1曲目が「KILLING ME」ですが、この曲をオープニング曲にした理由を教えてください。

BOBBY:これについてはいろいろ話し合いをしました。どの曲からスタートしたらいいのか悩みましたが、まずは「KILLING ME」で会場を温めて、次の「BLING BLING」につないで、爆発させようと考えました。
DK:今回のツアーのコンセプトは、男らしい感じだから、「KILLING ME」が1曲目に一番合っているなと思います。


Q. 今回のライブを通して感じたメンバーの成長や、新たに発見したメンバーの魅力はありましたか?

BOBBY:「BEAUTIFUL」という曲の始まりでCHANがラップをするんですが、“CHANってこんなにラップ上手かったっけ?”と驚きました。情熱的に歌っている姿を見て、胸がいっぱいになりました。
CHAN:ありがとうございます(と言ってBOBBYと握手をする)。僕は、メンバーたちとはずっと会っているので、新しい発見というより驚いたことがありました。2年半日本に来られなかったので、日本語力が少し落ちているのかなと思っていたんですけど、JU-NEさんとJAYさんがこの間も日本語の勉強をずっと頑張っていたので、ライブのMCも、変に間が空くことなく進行していて、胸がいっぱいになりました。


Q.ニューアルバム「FLASHBACK [+ i DECIDE]」を通して伝えたいメッセージや聴きどころを教えてください。

JAY:今までのアルバムと比べてみると、いろんなジャンルの曲が入っているアルバムです。特に、タイトル曲「BUT YOU」は僕たちが今までに一度もしたことのないジャンルの曲なので、「iKON」の挑戦と言えます。
BOBBY:アルバム名のように、過去のアルバムをフラッシュバックするようなものもあります。そのように過去のスタイルを持ってきながらも、未来を見据え、新しいことにも挑戦するという意味を込め、過去も現在もすべて盛り込みたいという思いで作りました。そして、「iKON」はどんな曲でも、どんな姿でも似合うということをいろんなジャンルの曲を通して、お見せしたいと思いました。
DK:それから、JAYさんとBOBBYさんと僕が制作に参加した曲もあって、メンバーのみんなと一緒に作ったアルバムというところもポイントです。


Q. 今お話に出ましたが、BOBBYさん、JAYさん、DKさんは楽曲制作に参加してみていかがでしたか?

BOBBY:曲を作るのに、どんなメロディにしたらいいのか、メンバー一人ひとりの魅力をよく見せるにはどうしたらいいのか、ということを悩みながら作りました。でも、JAYさん、DKさんが僕の足りないところをカバーしてくれたり、僕が知らなかったメンバーの魅力を教えてくれたり、一緒に作業しながら、お互いを知っていく時間にもなりました。すごく楽しくて、曲が完成するのが楽しみでした。


Q. BOBBYさんはタイトル曲「BUT YOU」でも作詞に参加されていますが。

BOBBY:先ほどJAYさんも言っていた通り、この曲は僕たちにとって新しい挑戦になりました。僕たちも新しいジャンルの曲を見せたいという気持ちがあったし、「iKON」が見せられる姿をすべてお見せしたいという気持ちで挑戦したので、たくさん応援していただけたらうれしいです。


Q. SONGさん、JU-NEさん、CHANさんの推し曲やおすすめポイントを教えてください。

JU-NE:僕は「NAME」が一番好きです。今回ライブでこの曲を披露したとき、ファンの皆さんも喜んでくれていたので、「NAME」をおすすめします。


Q.「NAME」はDKさんが作詞、作曲に参加されたバラードですよね?

DK:はい。韓国の悲しいストーリーのドラマを見ているとき、歌詞や曲の雰囲気を考えました。こういう雰囲気の歌詞が合う曲を作ったらどうかなと思って作ってみたんですけど、メンバーたちに「この曲どう?」ってメールで送ったら、「いいね」、「レコーディングしよう」って言ってくれて。ありがたかったし、みんなもたくさん助けてくれたので、うれしかったです。
SONG:僕も推し曲は「NAME」です。個人的にエネルギーにあふれた姿もそうですが、バラードを歌う「iKON」も魅力的だと思っています。ライブのとき、激しいパフォーマンスでスタートし、中盤にワンテンポ置いたぐらいで「NAME」を歌ったら、ファンの皆さんが集中して、聴き入ってくださっていたので、この曲をおすすめしたいです。
CHAN:僕は「DRAGON」という曲なんですけど、日本では今回の神戸公演で初めてパフォーマンスをお見せしました。本当に皆さんの反応が熱くて、まだご覧になっていないファンの皆さんが一番見たいと思っている曲ではないかと思うので、「DRAGON」をおすすめしたいです。


Q. 「DRAGON」はBOBBYさん、JAYさん、DKさんが作曲に参加された曲ですね。

JAY:ライブで歌ったら、盛り上がるだろうなと思って作りました。僕も作曲に参加して、愛情が入っている曲でもあるのでおすすめだし、ぜひライブで楽しんでください!
DK:この曲はBOBBYさんが歌詞とか雰囲気とか、コンセプトを全部考えてベースを作り、JAYさんと僕がそれに、こういうのを入れたらどうかと意見を出し、仕上げていきました。BOBBYさんの歌詞のセンスがヒップホップの雰囲気によく合っていてカッコいいし、コンセプトが本当にいいと思います。


Q. 今回のニューアルバムには「WINNER」のメンバー(YOON、MINO)が関わってる曲も収録されていますが。
JAY:2曲もプレゼントしてくれました。最近は、「WINNER」のメンバーと一緒に作っている曲が多いので、これからの楽曲も楽しみにしてくださったらと思います。


Q. アルバム名「FLASHBACK [+ i DECIDE]」にかけて、来日して、ふと思い出したことはありますか?

JU-NE:僕はあります。今回、東京に来て、最初に代々木公園に行きました。いつもそこで歩いたり走ったりしたから、カラスたちと(笑)。だから、最初に行って、前来た時みたいに走ったんですけど、とても複雑な気持ちになって、泣きそうになりました。癒されました。
SONG:来るのが当たり前だった日本に、久しぶりに来たんですけど、以前の日本での活動が記憶に残っていました。今回のライブは、韓国に戻ったとき、悔いのないものにしようと思って頑張って準備してきました。僕にとっては、どの瞬間もすべてありがたい気持ちです。


Q. タイトル曲「BUT YOU」のMVの見どころ、撮影エピソードを教えてください。

CHAN:僕たちみんなカッコよく撮影したんですが、中でもJAYさんのソロパートがとてもカッコいいです!JAYさんのソロ曲も見てみたいなと思いました。
JU-NE:MVの撮影の日は、僕の誕生日でした。夜遅くまでで撮影したんですが、メンバーがこっそりお祝いを準備してくれて、ケーキももらったし、拍手もしてもらったから、それが今でも印象に残っています。だから、いい思い出になりました(笑)。
JAY:メンバーが一緒にいて、良かったですよね?
JU-NE:はい、そうですね。
JAY:そして、クラブでのシーンでシャンパンを開けるシーンがあるんですけど、末っ子のCHANは1回もシャンパンを開けたことがないから、緊張していました。シャンパンが2本ぐらいしかなくて、一発でやらないとダメだったから、頑張って集中してやりましたよね?MVではカッコよく仕上がっていますけど、実はちょっとヘタでした(笑)。
CHAN:撮影のとき、ぎこちなくて緊張したんですけど、出来上がったMVではカッコよく楽しそうに開けていたので、とても嬉しかったです。
JAY:「監督さん、ありがとうございます」ってお礼言って!
CHAN:監督さん、ありがとうございます!


Q. 近年の活動で、自分にとって大きな学びになったことを教えてください。

CHAN:「KINGDOM : LEGENDARY WAR」に出演したことです。サバイバル番組に出たことはあったんですけど、まだまだ学ぶところがあるんだなと思わせてくれました。
JAY:僕は今回のツアーをしながら、みんなの実力が上がったなと思いました。「iKON」が得意なことをもう一回考える時間になったし、ライブをしながら、「iKON」が楽しんでいる姿を見て、いいなと思いました。


Q.「KINGDOM : LEGENDARY WAR」の出演を経て、グループに変化はありましたか?

JU-NE:この番組への出演は、簡単ではなかったです。みんな集まって毎日一生懸命練習したり、いろんなことに挑戦したり。だから、そのおかげで、僕たちは全体的に成長したと思います。
JAY:僕たち、3回もサバイバルをやっているので、デビューの前のサバイバルを思い出したし、初心も思い出しましたね。そして、ステージはワンテイク撮影だったんです。だから、瞬発力も高くなったし、ライブの実力も上がったのかなと思っています。


Q. 今後、日本でやってみたいことはありますか?

JU-NE:富士山に行きたいです!
(他のメンバーたちは胸の前で手を「×」にして拒否)
DK:富士山は、見るのは本当にキレイですけど、行ったらすごく大変だなと思います。
JU-NE:行くなら、僕一人で(笑)。今回は天気がそんなに良くなかったので、行けなかったんですけど、いつか機会があったら、頂上まで登ってみたいです。
DK:グループのことで言うなら、やっぱり5大ドームツアー!夢です。前から僕たちの夢は、5大ドームツアーだとずっと言っていましたけど、今も5大ドームツアーです。


Q. 久しぶりに日本に来て、食べておいしかったものを教えてください。

JAY:たくさんありすぎて…。実はそれも、僕たちの楽しみだったんです。2年半ぶりに日本に行って、何を食べようかなって。CHANは?
CHAN:僕たち全員、油そばを食べましたよね。
SONG:正直、油そばを食べるとき、本当においしすぎて、悪い言葉が出ちゃいます(笑)。
JU-NE:みんな、油そばがめちゃくちゃ好きです。あと僕は、ステーキとか、マーボー麺とか、いっぱいあります。
JAY:僕は今回、初めてカニしゃぶを食べました。僕一人で、マネージャーさんと。それがすごくおいしくて、きょうまた食べちゃおうかなって(笑)。
BOBBY:僕はポテトチップスをたくさん食べています。しょっぱいものが好きなんですけど、日本のポテトチップスはしょっぱいので、おいしいです。
DK:僕も日本の食べ物は大好きで、特にお肉が好きです。焼肉とかしゃぶしゃぶとか全部好きなんですけど、最近一番好きなのは牛タンです。日本の牛タン、本当においしいです。きょうも牛タンを食べてきました(笑)。


Q. これからの新たな目標、「iKON」の未来像を教えてください。

JU-NE:誰にも未来は分からないと思います。ちょっとポエム的に言ってもいいですか?やらなきゃいけないことと、やりたいことがちゃんとあると思いますけど、今の時期は自分が歩きたい道と歩かなきゃいけない道を勇気を持って、りりしく歩かないとダメな時期だと思います。他のことには勇気を持たなくてもいいけれど、自分がやりたいことには誰よりも大きな勇気を持って歩きたいなと思います。
JAY:これからもいろんな挑戦をする「iKON」になりたいです。そして、世界で愛される「iKON」になりたいです。


Q. 皆さんにとって「iKON」とは?

CHAN:家族です。一緒にいて気がラクですし、とても楽しいです。もちろん楽しいことだけではないですが、それも含めて家族。だから、一生一緒にいたいと思います。
BOBBY:家族という言葉以外、なかなか見つからないんですけど、活動をしながら思ったのは、「iKON」は僕のことを幸せにしてくれる存在だなということ。そう思うと、僕にとっても家族ですね。
JAY:僕は正直言うと、「iKON」は仕事で出会った関係じゃないですか。でも、いままで1回もそう考えたことはないです。悲しいときは一緒に泣いたり、幸せなときは一緒に笑ったり、っていうのが僕たちだと思っています。そして、これからも仕事とは関係なく、一生一緒にいる、お互いの力になれる関係でありたいです。
DK:最近は、「iKON」は家だなと思います。僕たちのすべてはiKONICですけど、家は「iKON」です。
SONG:僕にとって「iKON」は学校だと思います。本当にたくさんのことを学ぶことができたし、大切な友達もできました。そして、これから未来に向かってどう進んでいったらいいのかも一緒に悩む、という意味で学校です。そして、もう一言付け加えると、卒業のない学校です。
JU-NE:僕にとって「iKON」は聖書です。iKONICの皆さんと会うたびに、厳かな気持ちになり、感謝の気持ちが生まれてくるので、そういう意味で聖書だと思います。


Q. 最後にファンに向けてメッセージをお願いします。

CHAN:iKONICの皆さんがいつもそばにいてくださり、本当に感謝しています。一緒にいる時間はとても幸せなので、これからも長くいられるように一生懸命頑張りたいと思います。
BOBBY:iKONICの皆さんとは、アーティストとファンという間柄ではなく、友達のような間柄になりたいなと思っていました。だから、人種、国籍、文化などを超え、「iKON」とiKONICという一つの文化の中で交流していきたいです。
JAY:これからはもっとたくさん会いたいです。そして、iKONICがいるから僕たちもいるということと、愛してるって伝えたいです。ありがとうございます。
DK:僕たち、ステージ上でもたくさん言ったんですけど、iKONICが僕たちのすべて、「iKON」の存在理由だと思います。たくさん愛してくれて本当に感謝しています。ありがとうございます。
SONG:久しぶりの日本なので、僕たちのことを忘れてしまっていたら、どうしようという心配もあったんですけど、ライブでステージに立ってみて、その心配は一気に消えました。皆さんがずっと同じ気持ちで待っていてくださったことが分かったので、もう心配はありません。僕たちとしては、iKONICの皆さんをどうしたら幸せにできるか、そしていい思い出を残せるか、ということを考え、努力をして、これからも初心を忘れないようにしていきたいです。
JU-NE:「iKON」とiKONICはお互い力をもらい合っている関係だと思います。こういうステキな関係をずっと続けたいと思います。そして、iKONICは僕にとって秋みたいな存在ですね。いつも温かいです。


今回の合同取材は1時間を超える質疑応答となったが、全ての質問に真摯に答えていたメンバーたち。特に、JAY、JU-NE、DKは日本語で受け答えをし、ブランクを感じさせないほど流暢に話していたのが驚きでもあった。また、BOBBYはDKが言葉に詰まりながらも、頑張って日本語で話そうとする姿に、一緒になって力を込め、応援する様子を見せたり、末っ子CHANの成長をうれしそうに話したり、時折見せるメンバー間の絆がほほ笑ましかった。最初から最後まで、ファンへの感謝の言葉であふれていた「iKON」が歩みを止めず、挑戦し続けている姿は相変わらずカッコよく、だからこそこれからの活動も期待される。

【合同会見取材レポ】「iKON」、2年半ぶりジャパンツアー開催&3年4か月ぶりニューアルバム発売!「久しぶりにiKONICと会えて不安や心配は一気になくなりました」

2年半ぶりのジャパンツアーを開催した「iKON」



【合同会見取材レポ】「iKON」、2年半ぶりジャパンツアー開催&3年4か月ぶりニューアルバム発売!「久しぶりにiKONICと会えて不安や心配は一気になくなりました」

「iKON」SONG



【合同会見取材レポ】「iKON」、2年半ぶりジャパンツアー開催&3年4か月ぶりニューアルバム発売!「久しぶりにiKONICと会えて不安や心配は一気になくなりました」

「iKON」BOBBY



【合同会見取材レポ】「iKON」、2年半ぶりジャパンツアー開催&3年4か月ぶりニューアルバム発売!「久しぶりにiKONICと会えて不安や心配は一気になくなりました」

「iKON」DK



【合同会見取材レポ】「iKON」、2年半ぶりジャパンツアー開催&3年4か月ぶりニューアルバム発売!「久しぶりにiKONICと会えて不安や心配は一気になくなりました」

「iKON」CHAN



【合同会見取材レポ】「iKON」、2年半ぶりジャパンツアー開催&3年4か月ぶりニューアルバム発売!「久しぶりにiKONICと会えて不安や心配は一気になくなりました」

「iKON」JAY



【合同会見取材レポ】「iKON」、2年半ぶりジャパンツアー開催&3年4か月ぶりニューアルバム発売!「久しぶりにiKONICと会えて不安や心配は一気になくなりました」

「iKON」JU-NE







この記事が気に入ったら