WoW!Koreaコラム インタビュー

【公演レポ】「JO1」、「INI」、「OWV」ら日プ出身アーティストが「KCON 2022 Premiere」に集結!スペシャルカバーステージも披露

コメント

2022/05/16 17:42配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

世界最大級のKカルチャーフェスティバル 「KCON」が約2年ぶりにオフラインイベントを再開。今年8月にLA、10月に日本でおこなわれる「KCON 2022」に先立ち、5月14日(土)、15日(日)に千葉・幕張メッセにて、「KCON 2022 Premiere」が開催された。

【画像】「KCON 2022 Premiere in TOKYO」、約2年ぶりにオフラインで開催

ことしの「KCON」は、過去2年間に5回の「KCON:TACT」を通じてデジタル体験でのコミュニケーションを図ってきた経験や、ポストコロナ時代を迎えて変化したトレンドを反映し、オフラインの観客とデジタルの観客双方が楽しめる、さらに進化したハイブリッドフェスティバルへと進化。「KCON 2022 Premiere in TOKYO」では、"KCON CAFE"をテーマに、限定ドリンクが買えるコーヒートラックや可愛らしいフォトブース、配信でも楽しめるアーティストのトークステージが繰り広げられたコンベンションエリアは、朝から賑わいを見せた。

午後7時からスタートしたコンサートは、日本でも人気を博したサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」シリーズ出身のグループが一堂に集結。「PRODUCE 101 JAPAN」でデビューを勝ち取った11人からなるボーイズグループ「JO1」 (大平祥生・川尻蓮・川西拓実・木全翔也・金城碧海・河野純喜・佐藤景瑚・白岩瑠姫・鶴房汐恩・豆原一成・與那城奨)は、5回にわたる「KCON:TACT」に皆勤出演。毎度新たな姿を披露し続け、今回も大きな期待を背負いKCONの大舞台へ。「JO1」とともにオーディションを戦い抜いた個性豊かな4人組の「OWV」(本田康祐、中川勝就、浦野秀太、佐野文哉)、歌やダンスのみならず芝居でも活躍している「円神」(A.rik(エーリック)、草地稜之、熊澤歩哉、瀧澤翼、中谷日向、中林登生、中本大賀、宮里ソル、山田恭)は、昨年おこなわれた「KCON WORLD PREMIERE: The Triangle」に続いての参加。「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」から誕生し、デビューシングルから2作連続で初週売上50万枚超えを記録するなど、快進撃を続ける「INI」(池ざき理人、尾崎匠海、木村柾哉、後藤威尊、佐野雄大、許豊凡、高塚大夢、田島将吾、西洸人、藤牧京介、松田迅)。そして、シーズン2の元練習生8名からなる「OCTPATH」(太田駿静、海帆、栗田航兵、古瀬直輝、小堀柊、高橋わたる、冬馬、四谷真佑)。戦友たちの再会に、大きな注目が集まった。

14日の公演では、暗転したステージに突如「INI」が登場。間髪をいれずに流れ出した「Rocketeer」に合わせパワフルなダンスを見せたかと思えば、センターステージで「OCTPATH」が「IT‘S A BOP」にのせてパフォーマンス。「円神」の「ENJIN」、「OWV」の「UBAUBA」と続き、メインステージの上部からオーラを放ちながら登場した「JO1」は「無限大(INFINITY)」を。各グループのデビュー曲サビパフォーマンスメドレーで、華々しくオープニングを飾った。ステージにMCの古家正亨、矢吹奈子(HKT48)、そして出演アーティストが揃うと、「世界のみなさんも盛り上がってますか〜?」と配信視聴者にも呼びかける矢吹。「今日は盛り上がっていきましょう!」(「INI」木村)、「夢だったステージに、たくさんの先輩方と大切な仲間と一緒に立つことができて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです!」(「OCTPATH」古瀬)、「今日は僕たちエンジン全開でパフォーマンスしたいと思いますので、みなさんもエンジン全開でついて来てください!」(「円神」瀧澤)、「最高の仲間たちと良いステージを作りたいと思いますので、ぜひ楽しんでいってください!」(「OWV」本田)、「JO1です!よろしくお願いします〜!」(「JO1」與那城)とそれぞれあいさつをすると、MCの「Let’s KCON〜!」の掛け声に合わせて観客たちがペンライトを掲げるのを合図に、スタートを切った。

ステージのトップバッターを飾ったのは、白のズボンにメンバーカラーのジャケットを羽織った「OCTPATH」。「Wild」でキレのあるパフォーマンを見せ勢いをつけると、「Perfect」では笑顔を弾けさせながらフレッシュな魅力を発散。「You are my PATH!『OCTPATH』です!よろしくお願いします!」と声を揃えると、四谷は「『OCTPATH』のマイナスイオンを担当しています!」と癒しオーラを放ち、ビートボックス担当の海帆はスクラッチ音とともに指ハート。「どんぐりころころどん栗田!」と自己紹介ソングで盛り上げる栗田、「カリスマ彫刻」高橋はビジュアルで惹きつけ、古瀬は「大阪府出身、黄金の天使、23歳、古瀬直輝です〜!」と柔らかい笑顔でステージとのギャップを与えた。「福岡のスマイルモンスター、太田駿静です!よろしくお願いします!」と太田はさわやかに声を上げ、グループ最年少の小堀は360度にわたり手を振りあいさつ。高橋が韓国語、海帆が英語で、配信視聴者にも感謝を伝えると、「まだまだ始まったばかりの『KCON 2022 Premiere in TOKYO』!続いてはこちらのグループの登場です!」と次のステージへ繋げた。

始まったのは「円神」の「Addicted」。シックなモノトーン衣装で、疾走感のあるピアノサウンドに甘い歌詞をのせながら激しいダンスを披露した。「盛り上がってますか〜?」、「最高の景色だわ」、「奥のみなさんもありがとう!」と口々に言いながら花道抜けると、「こんにちは!『円神』です!」とあいさつ。「紫色で覚えてください!中谷日向です!」、「メンバーカラーピンク、草地稜之です!」、「黄色担当、中本大賀です!」などと担当カラーを交えての自己紹介から、「今日も元気にいっくま!」と可愛らしいクマさんポーズをとる熊澤に、クールなラップをかます宮里。A.rikは「この前髪覚えている人いますか〜?」とオーディションからのトレードマークである海ぶどう前髪を指差し、山田は持ち前の明るさで元気に声を放った。MC矢吹が「昨日の夜寝れましたか?」と視聴者コメントからの質問を投げかけると、メンバーたちは「せーの」で答えることに。案の定バラバラの回答となりひと笑い起こすと、今朝の一幕を再現することに。「もしもし、今どこ?」(中林)、「あっ寝ててごめ〜ん」(宮里)、「今起きたんかい!」(中林)と宮里の寝坊エピソードが明かされるも、「ぐっすり寝たのですね、今日の良いステージを作るために」と矢吹がナイスフォロー。KCONという大きなステージに立ち、「嬉しくてしょうがない」(瀧澤)、「オーディションのファイナルで立てなかったステージにやっと立てた」(宮里)と語るメンバーたち。最後は「Far away」で滑らかなダンスを踊りながら、切なく気持ちのこもった歌声を届けた。

続いては黒を基調とした煌びやかな衣装を身にまとった「OWV」のステージ。力強いサウンドとパワフルなダンスの「Roar」で、会場のボルテージを高めた後は、ポップなダンスチューンの「What you waitin’for」。ステージを動き回ったりジャンプをしたりしながらライブ感満載の歌声を響かせ、それに応えるように観客はペンライトを掲げ一体となって盛り上がった。センターステージに集まった「OWV」は、「みなさんこんにちは、『OWV』です!」とあいさつし、自己紹介。「素敵な仲間たちがたくさんいるので、観てくださる方全員をエンジョイさせてあげたいと思います」と話す本田は、全世界の視聴者にも「Let‘s party!」と簡単英語でコメント。「今日のTMIを教えて」とのMCからの質問に、「行きのバスでみんなでカフェラテを飲んだ」と答える浦野に、「TMI過ぎ!」と中川は的確なツッコミを入れ、「朝集まった時、みんな今日に向けてスッキリした顔をしていたと思います」と本田はKCONへの意気込みを感じさせたかと思えば、「多分よく寝たんだと思います」と続け、笑いを誘った。会場のスクリーンに配信視聴者からのリアルタイムコメントが映し出され、「かっこいい」「神々しい」と佐野を褒め称えるコメントが流れると、「これ以上イジられるとキツいので、みなさんちょっとコメントは控えてください」と履き違える佐野に、メンバーから「イジってないのよ」とツッコミ。大勢の観客を前にパフォーマンスをし、「幸せを噛み締めながらパフォーマンスしました。『OWV』に憧れてアーティストを目指す人が1人でも増えたらいいなと思います」と本田が真面目モードで話すと、「コメントが神々しいよ」と古家。すると、「あまりこれ以上イジらないでください」(本田)、「いやイジってない」(中川)、「みなさんコメント控えてください」(佐野)と流れるようなボケとツッコミで観客を笑わせ、ステージとのギャップ満載の賑やかなトークで楽しませた。

ここで韓国から参加の「TO1」のステージへ。事前収録されたVTRで、「No More X」、「Surf」を披露。メンバーたちは「今日はよろしくお願いします!」、「盛り上がりましょう!」などと日本語や英語であいさつをすると、大きなハート、クールな表情でのハート、愛嬌たっぷりのハートなど、個性豊かなポーズをしてみせ、ファンの心を掴んだ。画面越しでも伝わる熱量のあるパフォーマンスを届け、「すごく楽しい時間でした!次のステージも楽しんでください!」と次へと繋げた。

オールブラックでキメた「INI」が暗闇の中センターステージに登場すると、シルエットが浮かび上がるだけで観客の興奮が一気に広がった。新人とは思えぬ堂々とした姿で「Rocketeer」、「BOMBARDA」を続けて披露。耳残るフレーズ、パワーみなぎるダンスで、会場のテンションを急上昇させた。「Log in to us!『INI』です!」とあいさつし、1人ずつ自己紹介。魅惑の低音ボイスの池ざきから始まり、「今日はいろんなアーティストの方いらして新鮮な気持ちです!最後まで盛り上がっていきましょう!木村柾哉でした!」と2人目にしてあいさつを締めてしまう木村。「はい!え〜どうしよっかな。キラキラアイドル担当、尾崎匠海です!」と迷いが見える尾崎。「みんなの王子様になりたい後藤威尊です!」と後藤はアイドルスマイルを見せた。「楽しんでいきましょ〜!」と元気いっぱいの最年少、松田。「みんなの彼氏になりたい、田島将吾です!」と言う田島に、「そうだったの?」、「初耳!」と反応するメンバーたち。「みんなの旦那さんになりたい!」と、なりたいシリーズに乗っかる西に、「配信のみなさんも楽しんでいきましょう!」と呼びかける高塚、藤牧。許は英語でもあいさつし、佐野は「たくさん良い思い出を作りましょう!」と天使の微笑みを浮かべた。コメントメッセージで「勝負飯」について聞かれ、「昨日は…ナムル食べてきました!」とKCONに向けて韓国フードを食べてきたことを松田が明かすと、視聴者コメントは”ナムル”一色となり、思わず笑うメンバーたち。ステージ前のルーティンを問われると、普段は裏でおこなう円陣での気合い入れを、特別にステージ上でして見せた。サービス精神旺盛のメンバーたちは、水をゴクゴクと飲んだあとキメ顔をしたりと、水分補給でさえファンサービスへと変えファンを喜ばせた。ドゥグンドゥグン(ドキドキ)をテーマにしたミッションコーナーでは、2チームにわかれてダンス対決に挑戦。ランダムに流れるK-POP楽曲に合わせ即興ダンスを繰り広げた。視聴者コメントと観客の拍手によって勝敗を決め、負けたチームはミッションで使われた楽曲の倍速ダンスを踊る罰ゲームが与えられるも、なぜか最終的には全員で踊るメンバーたち。勝敗関係なく楽しむ姿は、見てる者も楽しくさせた。ステージの端から端まで駆け、観客のペンライトの光でウェーブを作り、会場の一体感を高めたところで、次の曲へ。「Call 119」で再びエネルギッシュなでキレのあるダンスを見せると、「We Are」ではファンたちが映った特別映像を背に、笑顔を浮かべながらさわやかな歌声を届けた。

個性が光るモノトーンコーデの「JO1」は、曲が始まると一瞬で会場の空気を自分たちのものにし、疾走感抜群の「Move The Soul」で観客を圧倒。「What‘s up KCON?」、「Are you ready?」とふんだんに煽り、そのままの勢いで「Walk It Like I Talk It」へ。パワフルでありながら一糸乱れぬパフォーマンで観客の心を掴んだ。自己紹介では、「天使って呼ばれてます、大平祥生です」とエンジェルスマイルの大平、「JO1の川西拓実〜」と簡潔ながら表情とピースで沸かせる川西、「ハイサイ!JO1いち、汗かかない男、與那城奨です!」というとメンバーから羨ましがられる與那城。「会いたかったです!」と手を振る白岩に、「Let’s enjoy!」と呼びかける川尻、河野は「JAM〜(「JO1」のファン)!KCON-ers!会いたかった〜!」と大きな声で気持ちを伝えた。「K・E・I・G・O、景瑚です」、「ラップ声はブルドーザー、歌声は天然水、鶴房です」と個性をのぞかせ、「初っ端からぶちかましました!」と豆原は清々しい表情。木全は「最近Googleストリートビューで旅することにハマってます」とし、今年2月に体調不良による活動休止から復帰した金城は、「ただいまです!」と笑顔を見せた。MCから「ステージから見る風景を一言で表すと?」と振られると、「"夢"でございます」と表現し感嘆させた川尻。NHK「ハングルッ!ナビ」にレギュラー出演中の河野は、「チンチャ(本当に)!チェゴエヨ(最高です)!」と韓国語でもコメントし、勉強の成果を発揮した。矢吹から最近プライベートでドゥグンドゥグンしたことを聞かれると、「自転車に轢かれかけた」とある意味ドキドキの出来事を明かした木全と、「みなさんに会えてることがドゥグンドゥグンです」と模範回答の與那城。ドゥグンドゥグンミッションでは、1人ずつリレー形式でドキドキする一言に挑戦し、「大好きです、愛してます」と可愛く投げキスをする大平、「おやすみ」と囁く與那城、「今すぐ俺のものにしたい」と胸キュンセリフの白岩、ポケットに忍ばせていたハート型うちわを取り出す川西、と順調に進んでいくも、「手ドゥグンドゥグンしてる…俺も…君の顔見てドゥグンドゥグンしてる…」と一言で収まらせる気のない河野に観客からは笑いがこぼれた。川尻は「家の鍵閉め忘れた」、鶴房は「すみません、トイレどこですか?」と、一味違ったドキドキを表現。佐藤は「僕はこのために生まれてきました」とつぶやくも鶴房がカメラに映り込みキメきらず。「部活おつかれ、今日も一緒に帰ろっか」と言い放った豆原は、一瞬にして観客の心に青春を呼び起こした。「ねぇ、僕に毎朝わかめの味噌汁作って」とプロポーズともとれるような言い回しの木全。上腕二頭筋をピクピクと動かし「君のタンパク質」とそっと言う金城に、メンバーたちは「どういうこと?! 」と混乱し会場には笑いが起きた。様々なドゥグンドゥグンを個性的に表現し、楽しませた。

続いてはKCONならではのスペシャルステージ。バックダンサーとして踊っていたなど思い出のある曲や、好きな曲、影響を受けた曲から選曲されたK-POP楽曲で、カバーパフォーマンスを繰り広げた。「JO1」の川尻、木全、金城、河野、豆原による「PENTAGON」の「SHINE」では、川尻の優雅なソロダンスから始まり視線を引きつけると、韓国語歌詞も完璧に歌い上げ驚きを与えた。「INI」は「EXO」の代表曲「Growl」でパワフルな群舞を披露。女性グループ「Kep1er」の「WA DA DA」で新たな魅力を放ったのは「OCTPATH」。「円神」は「IZ*ONE」の「Airplane」で可愛らしい姿で笑顔を振りまいた。見事な消化力で「BTS(防弾少年団)」の「IDOL」をやり遂げた「OWV」。「JO1」の大平、川西、佐藤、白岩、與那城、鶴房は、「Stray Kids」の「Back Door」でK-POPと「JO1」の親和性の高さを示した。「INI」の池ざき、尾崎、高塚、許、西、田島、藤牧は「BTOB」のバラード曲「Missing you」で高い歌唱力を惜しみなく披露し、観客を感動させた。

公演も終盤にさしかかり、ラストは再び「JO1」のステージ。「Dreamer」で温かな歌声で会場を包み込むと、スクリーンに流れる特別映像に参加したファンたちと、観客、メンバーとで心をひとつにするように「With Us」をパフォーマンスした。

エンディングではステージに出演アーティストが勢揃い。「初出演でとても勉強になりました。今後の糧にして突き進んでいきたいと思います!」(「OCTPATH」四谷)、「こんな素敵なステージでパフォーマンスすることができて本当に嬉しかったです!」(「円神」瀧澤)、「最高の思い出を作ることができました!」(「OWV」本田)、「すごく良い経験になりましたし、温かい空間を作ることができて良かったと思います!」(「INI」木村)、「古家さんが横にいてくださったおかげで最後まで来れたと思います!」(矢吹)、「多くのみなさんが見てくれている中でパフォーマンスができて嬉しく思います!」(「JO1」與那城)とそれぞれ感想を述べ、最後はオーディションテーマ曲「ツカメ!〜It‘s coming〜 」、「Let Me Fly 〜その未来へ〜 」が流れる中、ファンとコミュニケーションをとったり、踊ったり、お互いのグループを讃えあったりしながら、自由にステージを駆け回った。大盛況のうちに1日目を終えた。

「KCON 2022 Premiere」(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved





この記事が気に入ったら