WoW!Koreaコラム インタビュー

【個別インタビュー】5月4日デビューFNC JAPAN新人ガールズグループ「PRIKIL」(プリキル)、タイトル曲「SOMEBODY」の注目ポイントやメンバーの意外な一面も公開

コメント

2022/05/02 16:11配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

5月4日(水)に「SOMEBODY」でデビューする、FNC ENTERTAINMENT JAPAN所属の新人ガールズグループ「PRIKIL」(プリキル)。昨年10月から日本テレビで放送され話題を呼んだデビューサバイバル番組「Who is Princess?」にて、過酷なサバイバルを勝ち抜いた最優秀練習生によって結成された5人組だ。平均年齢14歳という初々しい彼女たちに、番組でのエピソードやデビュー曲について、メンバーの魅力や意外な一面などを語ってもらった。

【画像】5月4日デビューFNC JAPAN新人ガールズグループ「PRIKIL」、個別インタビュー

Q.デビューおめでとうございます。まずは自己紹介をお願いします。

RINKO:「PRIKIL」のメインボーカル、リーダー担当、RINKOです!
UTA:サブボーカル、ムードメーカー担当、UTAです!
NANA:メインダンサー担当、NANAです!
RIN:リードボーカル、ラップ担当、RINです!
YUKINO:リードダンサー担当、YUKINOです!


Q.約4か月にわたる「Who is Princess?」を振り返ってみて、1番印象に残っているエピソードを教えてください。

RINKO:J-POPの歌とK-POPのダンスを掛け合わせたMISSION4が印象に残っています。初めてのライブパフォーマンスステージでしたし、歌うパートが多く、重要なパートも任されていたので、緊張していました。だけど、りょんりょん先生に教えてもらった発声練習を毎日続けていたら、当日も上手く歌うことができました。先生方にも褒めていただけたので、とても嬉しかったです。
UTA:私は、Stray Kidsさんの「Back Door」を踊ったMISSION1が印象的でした。初めての課題曲が男性の曲と聞いた時はビックリしましたし、私は元々バレエをやっていて真逆のジャンルだったのですごい苦戦して…。でもそのミッションがあったからこそ、成長できたし、今があるんじゃないかなと思います。
NANA:私はファイナルMISSIONが1番印象に残っています。それまではカバーでしたが、オリジナル曲を2曲披露しました。オリジナル曲ということや、曲を作ってくださったGALACTIKA さんが審査員だったこともあり、いつもと違う緊張感がありました。今までのミッションとは全く違ったので、すごく印象に残っています。
RIN:私は、BLACKPINKさんの「How You Like That」を披露したMISSION5です。その時初めてリーダーをしてみて、今までのMISSIONでリーダーをしてきたメンバーはすごい責任感があったんだろうなと感じ、感謝の気持ちがより一層大きくなりました。最初はメンバー同士の話が噛み合わなくて、何をどう始めていけばいいのか分からなく、チームをまとめるのが大変でしたが、そのような経験があったからこそ、1番印象に残っているミッションでもあります。
YUKINO: 私は、ソロパフォーマンスだったMISSION2がすごく印象に残っています。まだステージの上に立つことにも慣れていないのに、1人で歌って踊ってだったので、本当に緊張しました。対戦相手はRINKOだったのですが、私が苦戦していた歌の部分を教えてくれました。ライバルでしたが、協力して、一緒に壁を乗り越えられたと思うので、RINKOには感謝していますし、成長できたことが多くあったと思います。


Q.ウンギョン先生やりょんりょん先生からの言葉で、心に残っている言葉はありますか?

YUKINO:私はMISSION5で、脱落してしまうのか、それともCHALLENGERチームに残れるかというところで、CHALLENGERチームとして選んでいただいた時に、ウンギョン先生から「YUKINOが残ったことには意味があるから、その意味をしっかり考えて、これからも練習に励んでほしい」と言っていただきました。その時私は、残った意味をしっかり考えて、残った意味を証明しないといけないな、という気持ちになりました。この言葉があったから今があるのだと思っています。
RIN:私はMISSION5で、ボーカルトレーナーのキム・ソンウン先生にかけてもらった言葉です。どうしてもチームがまとまらない時に、「歌詞の意味をみんなでしっかり理解し合って、歌ってみるといいよ」と言われました。それからみんなで毎日毎日、歌詞の意味を理解しあって、パフォーマンスをしっかり揃えていったら、グループがまとまっていきました。なので、この言葉にはすごく感謝しています。
NANA:私はMISSION2の、りょんりょん先生の初めてのレッスンの時に言ってもらった、「歌は愛」という言葉が1番心に残っています。それまでは歌に苦手意識があって、とにかく上手く歌わないと、という気持ちで歌っていましたが、聴いてくれている方に伝えようという気持ちで歌うようになりました。自分を変えてくれた言葉でもあります。それから、ステージに立つ時は、「ライブはデート」という言葉を思い出して、お客さんを恋人だと思って楽しませるという気持ちでパフォーマンスをしています。
UTA:私はMISSION1とMISSION2で男性の曲を踊ったのですが、ウンギョン先生からは「男性の曲が苦手そうなのが見える」と評価されました。悔しい気持ちもありましたが、その言葉があったからこそ、成長することができたのだと思い、印象に残っています。
RINKO:私はMISSION2のソロパフォーマンスで、ウンギョン先生の前でダンスを見せた時に、「ただカバーしてマネするだけじゃなくて、自分のものにしていかないと、あなたの魅力が届かないよ」と言われました。お手本の動画を見て振りや表情をマネしていたのですが、その言葉をいただいてからは、鏡の前で自分の表情を研究したり、自分のダンスはどんな特徴があるのか、どう活かせられるのかなどを考えられるようになりました。成長できたのではないかと思うので、すごく心に残っている言葉です。


Q.5月4日にいよいよデビューとなりますが、デビュー曲「SOMEBODY」はどんな曲ですか?

RINKO:「SOMEBODY」はオーディションでも課題曲として披露しましたが、その時とはガラッと変わり、私たち「PRIKIL」らしいフレッシュさもある「SOMEBODY」になっていると思います!
NANA:サビの振り付けで、両手を頭の横でクルクルする、"クルクルダンス"があります。簡単で真似しやすいと思うので、ぜひ一緒にやってみてください!


Q.「SOMEBODY」で好きなところや、注目してほしいポイントがあれば教えてください。

RINKO:私が高音を出すパートの時に、私が真ん中で歌い4人が円になっているところがあるのですが、5人がひとつになっている感じがします。ぜひそこに注目してほしいです。
UTA:私はAメロの、「待ちに待った時が来た 止まらないこれからが本番〜」というところの歌詞が良いなと思います。私たちの今の気持ちにピッタリです。
NANA:2番のラップ調のパートで「これでいいの〜」というところが、歌詞も振り付けも含めてすごくかっこよくて、それこそガールクラッシュといった、自分を貫く感じがして好きです。
RIN:サビ前の「1、2、3!」というところが、みんなで団結して頑張っているような感じがして、私は好きです。
YUKINO:イントロで、縦一列から始まり横一列になるシーンがあるのですが、そこが、"私たちが来てやったぞ!"という感じがして好きです。


Q.収録曲の「FUN」、「Amazing Girls」はどんな曲ですか?

RINKO:「FUN」はオーディション番組のテーマソングだった曲、「Amazing Girls」は新曲となっていて、"叶えたいどんな夢も叶う"という、前向きで明るい曲になっています。3曲とも、私たちのフレッシュな魅力がたくさん詰まっていて、聴いていてテンションの上がる楽しい曲になっていると思います。
YUKINO:「Amazing Girls」は、最初に「Hey!」から始まるリズムの良いテンションの上がる部分があるのですが、曲の最後の方にも出てくるので、曲の盛り上がりを感じて頂けると思います。みなさんも一緒に手を叩きながら、楽しんで聴いていただけるような曲になっています。


Q.「SOMEBODY」「FUN」「Amazing Girls」の中で、1番好きな曲はどれですか?

YUKINO:私はやっぱり「SOMEBODY」が1番好きです。「SOMEBODY」は私たちの始まりの曲でもありますし、これからの私たちが輝くための曲でもあります。デビューしたらたくさんの方に知っていただいて、注目してもらい、もっともっと輝いていけるように頑張っていきたいなと思える曲です。
NANA:私は「FUN」が1番好きです。オーディション番組のテーマソングとして、初めていただいた曲ということもあり、思い出がたくさんあります。15人から始まって、ファイナルミッションでもやって、今「PRIKIL」の5人でやって。感じることがとてもあって、すごく好きな曲です。
RIN:私は「Amazing Girls」です。どの曲も前向きなのですが、特に前向きなメッセージが歌詞に込められていて、私の大好きなラップ調も入っています。レコーディングは難しかったのですが、すごく好みな曲なので、1番好きです。
UTA:私も「Amazing Girls」です。聴くだけでも元気になれるような、盛り上がる曲なので、ちょっと元気がないなと思った時に聴きたい曲です。
RINKO:私はYUKINOと同じで「SOMEBODY」です。デビュー曲ということで、何年経っても私たちにとって大切な曲になると思います。自分が主役となって、"私はできる、大丈夫"という、前向きな気持ちが込められているので、みんなで歌っていて楽しいし、気持ち良いです。


Q.今後、どんな曲にも挑戦してみたいですか?

YUKINO:私は"THEアイドル"みたいな、可愛めの曲に挑戦してみたいです。アイドルらしい可愛い衣装も着てみたいです!
NANA:私は逆に、すっごい大人って感じのカッコイイ曲を、真っ黒の衣装とかスーツを着て踊ってみたいなと思います。
RINKO:私は、みんなで動物とかの着ぐるみを着てイベントとかができたらいいなと思います。ハロウィンに仮装をしたりして、パフォーマンスしてみたいです。
UTA:私はいつか、みんなで座ってバラード曲をやりたいです!
メンバーたち:うんうん!(笑)
RIN:私は制服を着てパフォーマンスしてみたいです。
メンバーたち:あ〜!やってみたい!
RIN:いろんなアーティストの制服姿を見て、可愛いと思うことが多いので、制服を着てパフォーマンスをしてみたいです!


Q.自分から見た、他のメンバーのすごいところを教えてください。

RINKO:UTAは本当に歌が上手です。聴いた時に心に刺さりました。低音なんですけど透き通った綺麗な声が出るので、バラードでは特にUTAの声の良さが伝わります。聴いていてすごく気持ちが良くなります。あとは、バレエを習っていたので、ターンやしなやかな動きが上手で、すごい綺麗です。ダンスにもそれが活かされています。
UTA:NANAはスケールの大きいダンスができて、私がマネしようとしてもできないくらい、すごくダンスが上手です。不思議な感じのキャラに見えるけど、しっかりと自分の意見を持っていて、独自の発想とか発言が、可愛くて面白くて好きだなと思います!
NANA:RINはグループでラップを担当しているのですが、ラップが上手で、声もかっこいいです。声に合った歌い方をしていて、自分の魅せ方がわかっているなと思います。
RIN:YUKINOは本当に、周りを見る力がすごいです。誰かが何かをしていたら、「手伝おうか?」と言ってくれて、すごく気がきくなと思います。1番気が合うメンバーでもあるので、一緒にいて楽しいです!
YUKINO:照れちゃいますね(笑)。一緒にいて楽しいとか言われると (笑)。
メンバーたち:(笑)
YUKINO:RINKOは本当に天使です!天使のような歌声で、天使のような性格で、天使みたいなビジュアルを持っていて、パーフェクトなリーダーだと思います。高音は「PRIKIL」の中でも1番で、キレイにすらすら出せるので、尊敬しています。


Q.では、ここだけは他のメンバーに負けないという自分のアピールポイントはどこですか?

YUKINO:私は「PRIKIL」の中で1番手先が器用だと思います!イラストを描いたり、物を作ったり、最近ではネイルやメイクをしたり。お菓子を作ることも好きなので、いつもクッキーを作ってはみんなに配ってます(笑)。
メンバーたち:めっちゃおいしいですよ!
RIN:私はいろんなアーティストの方を見てきてラップに惹かれて、本当にラップが好きなんです。なので、他のメンバーに負けないところはラップでありたいです!
NANA:私は"ダンス愛"ですかね。小さい頃からダンスをやっていて、すっごいダンスが好きで、ずっと踊っていたいくらいです!なので、"ダンス愛"では負けないかなって思います!
UTA:私はバレエをやっていたので、バレエが出来ることは、5人の中では強みなんじゃないかと思います。
RINKO:私は、りょんりょん先生のレッスンで、高音について初めて指摘をしていただいて、高音の出し方などを学んで、今では成長できたと思っています。なので、今の強みはハイトーンボイスです!


Q.自分だけが知っている、メンバーの秘密や意外な一面はありますか?

RINKO:私はUTAと一緒にいることが多いのですが、休みの時や空いた時間に、よく私のところに来て「ねぇ、ちょっと一緒にいてもいい?」って言ってきます(笑)。なので、ベッドの上で2人でずっと話し込んだりして。最年長で頼りになるのですが、甘えてくる部分があって可愛いです。
YUKINO:RINちゃんは、"イケメン将軍"って呼ばれたり、イケメンエピソードがいっぱいあって、大人っぽい面もあるけど、甘えん坊で可愛いところがたくさんあるんです。プライベートでは、みんなの名前をめちゃくちゃ可愛い声で呼んだりするんですよ。ちょっとマネしますね。…YUKIちゃん!
NANA:ドラえもんみたい。
メンバーたち:(笑)
RIN:(恥ずかしがってYUKINOの手を握る)
YUKINO:こういうところが可愛いです!(笑)


Q.もし1日、他のメンバーになれるとしたら、誰になって何をしてみたいですか?

RIN:私はYUKINOになって、絵を描いてみたいです。本当に絵が上手なんです。なんでも上手く描けて。
YUKINO:いろんなジャンルの絵を描くので、みんなのミニキャラクターや、綺麗だなと思って頭で記憶した風景とか、想像の世界を描いたりもします。
RIN:私もすごい綺麗な絵を描きたいです。
UTA:私は1日RINKOになってみたいです。その日は朝から晩まで高音を出してみたいです(笑)。こんな楽に高音が出るんだ!って体験してみたいです。
RINKO:私はNANAになってみたいです!私はダンス歴が短くて得意ではないので、いつもNANAが教えてくれるのですが、NANAになって、めちゃくちゃ上手く、1曲まるまるフルを1人で踊ってみたいです。
YUKINO:私もNANAちゃんになってみたいです。私すごいNANAちゃんのビジュアルが大好きで、NANAちゃんになって鏡をずっと眺め続けたいです!
メンバー:(笑)
YUKINO:メイクをして、可愛いお洋服着て、ちょっと外歩いて、みんなから振り返られたりして。(髪の毛を)シャラ〜ンってしてカッコつけたいですね!
NANA:私はRINKOちゃんになりたいです。RINKOちゃんの歌声が好きっていうのもあるんですけど、UTAちゃんと一緒で、あんなに綺麗な高音を出してみたいなという願望があります。


Q.「PRIKIL」のメンバーで行ってみたいところはありますか?

UTA:メンバー5人でハワイに行ってみたいです!海で遊びたいです。
メンバーたち:お〜!いいね!
RINKO:私は、アメリカに行って、ハンバーガーとかガッツリしたものを、みんなで一斉にぐわ〜っと食べて、お腹いっぱいに幸せになりたいです!
NANA:私はメンバー5人でLAに行って、ダンス修行をしたいです!
メンバーたち:おぉ〜!めっちゃいい!すごい!
YUKINO:私は5人で冬にキャンプをしたいです!みんなで「寒いね寒いね」って言いながら料理をしたり、夜にはキャンプファイヤーしながらココアを飲んだり、ゆったりしたいです。
RIN:私は5人で、パリとかヨーロッパに行ってみたいです。おしゃれな感じで、インスタグラマーみたいに写真撮ったり!(笑)
メンバーたち:めっちゃいい!


Q.これから「PRIKIL」をどんなグループにしていきたいですか?

RINKO:もうすぐデビューするということで、緊張もありますが楽しみが大きいです。世界中の人に愛されるようなガールズグループになりたいです!
UTA:「PRIKIL」をたくさんの人に知ってもらって、たくさんの人に愛されて、見てくれた人達に感動を与えられるアーティストになりたいと思います!
NANA:みんなデビューのために頑張ってきたので、私たち自身がとにかく楽しむ気持ちでデビューを迎えたいです。たくさんの人が「PRIKIL」を愛してくれたらなと思います!
RIN:デビューを目指してきたので、緊張や不安もありますが、楽しんで活動していきたいです。世界の方々に愛され、認めてもらえるようなアーティストになれるように頑張りたいです!
YUKINO:デビューが近づいてきて、ドキドキや緊張もあるのですが、みなさんから「PRIKILってかっこいいし、可愛いよね」って、驚いてもらえるようなデビューができるように頑張りたいです。今後世界で活躍できるように、たくさんの人に愛されるように、もっともっと努力していかないといけないと思います。今まで以上に気を引きしめて頑張っていきたいです!


Q.最後に、ファンに向けてメッセージをお願いします。

RINKO:私たちはPREMIER(=「PRIKIL」のファン)のみなさんが大好きです!イベントなど今後会う機会を増やして、もっとPREMIERのみなさんと関わりたいなと思うので、ぜひ「PRIKIL」の応援よろしくお願いします!PREちゃん大好きです〜!
UTA:「PRIKIL」のUTAです!これからデビューに向けて気を引き締めて、今まで以上に一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします!大好きです〜!
NANA:(両手を口元にあてマイクに呼びかけるように)はじめまして!「PRIKIL」のNANAです(笑)!これから、「PRIKIL」はもっともっとカッコかわいいグループになれるように、一生懸命頑張っていくので、応援よろしくお願いします!
RIN:はじめまして!「PRIKIL」のRINです。私たちはこれから、世界の方々に愛されるアーティストになれるよう、今まで以上に努力するので、応援よろしくお願いします!
YUKINO:こんにちは、YUKINOです!これから私たちは、唯一無二の私たちだけの魅力があふれるグループになれるように、一生懸命頑張っていきます。たくさんの愛と応援、よろしくお願いします。(手でハートを作りながら)愛してます〜!
メンバーたち:ありがとうございました!





この記事が気に入ったら