Wコラム インタビュー

【公演レポ】「iKON」、初のクリスマスライブで趣向を凝らした演出が続々…キュートな“サンタガール”に扮したメンバーは?

コメント

2017/12/16 09:32配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

2017年は2月からアリーナツアー、5月から初のドームツアー、9月からそのドームツアーの追加公演と全国各地で公演を重ねてきた「iKON」が、12月9日(土)と10日(日)横浜アリーナにて、今年最後のライブとなる「iKON X‘mas LIVE 2017」を開催。自身初のクリスマスライブ、しかもセンターステージの360度客席というスタイルで行われたが、ライブを重ねることで、実力を磨き上げてき彼ららしい“楽しませ方”で、クリスマス気分を盛り上げた。

【画像】「iKON X‘mas LIVE 2017」

初日となる9日、360度見渡せるセンターステージから、きらびやかな赤のジャケットを羽織って登場したメンバーたち。「B-DAY」でスタートし、人気曲「WHAT‘S WRONG? 」「SINOSIJAK REMIX」では、メンバーたちを乗せて移動する「フライングステージ」でいきなりファンに近づくなど、会場に集まった1万5000人の熱気はオープニングから最高潮に達した。

「『iKON X‘mas LIVE 2017』へようこそ。リーダーのB.Iです。メリークリスマス! 」、「戻ってきました横浜。『iKON』の長男ジナン(JAYの本名)です。きょうも最後まで遊ぼうよ~」、「『iKON』のDKです。きょうも一緒に遊ぼうよ~」、「『iKON』の可愛い末っ子チャヌ(CHANの本名)です。きょうのステージは本当に特別です。ここにいる皆さん全員に会いに行きますので、ちょっと待っていてください」、「桜木花道になったJU-NEだよ。最後まで遊ぼうよ~」「『iKON』の爽やか男ユニョン(SONGの本名)だよ。クリスマスだからテンションMAXで最後まで行きましょう! 」とそれぞれあいさつし、最後はBOBBYが「アンニョンハセヨ~。クリスマスライブだから、普段よりもっと楽しい時間になってほしいです。準備いいですか? 」と客席をあおり、ここからユニットステージへ。

JAYが「サンタクロースじゃなくて、『iKON』が来ました! “iKON is coming to town”」と曲紹介し、絶妙なラップの掛け合いで「ANTHEM」を披露したB.IとBOBBYは、2人きりでMCタイムへ。JAYやJU-NEといった日本語が得意なメンバーがいない中、「何をしたらいいか問題」と苦笑いしながらも、B.Iが韓国語で話したことをBOBBYが日本語に通訳するというスタイルで、どうにかトークを展開。ボーカルラインの準備が整い、再びライブステージへ。

今度はボーカル5人が、クリスマスソング「This Christmas」をカバーし、クリスマスムードを高めた後、ボーカルラインの魅了を最大限に生かしたバラード「PERFECT」を熱唱した。
BOBBYはソロパートで、「SWIM」に続き、「SECRET (Feat. DK, KATIE)」を初披露。メンバーのDKと、オーディション番組「K-POPスター4」の優勝者KATIE KIM(ケイティ・キム)との幻想的なコラボステージでファンを魅了した。そして、再びボーカルライン5人が登場し、KATIE KIMと共にクリスマスソング「White Christmas」をカバー。甘い歌声で観客をうっとりさせた。

そのままボーカルラインがステージに残り、今度は5人だけでMCタイムへ。「JU-NEさん、キャロル本当にカッコよかったよ。ジャズアーティストみたいで」(JAY)、「その前のステージ、ドンヒョクさんが本当にカッコよかった」(SONG)とお互いを褒め合っていると、B.IとBOBBYも合流。
初のセンターステージに、「いままでとは違うから、歌いながら難しかった。どっちがセンターか分からないから」(JU-NE)、「センターは決まってないから。そっちを見ながらあっちも見ないと」(JAY)とここまでを振り返っていると、B.IとBOBBYが話に入ろうとし、「いまはボーカル5人の時間だから」と制すJAY。「僕たちドン・キホーテに行ってきてもいいですか? 」(B.I)、「お前たち(話が)長すぎる」(BOBBY)とすねる2人に、JU-NEが「日本語ができたら、長くしてもいいルールがあるから」とドヤ顔を見せ、「iKON」らしい、わちゃわちゃトークで観客を楽しませた。

雰囲気がガラリと変わり、切な系ソング「AIRPLANE」、「APOLOGY」と続いた後、「#WYD」では、フライングステージで移動するメンバーたちが、客席にお菓子を投げ入れるファンサービスも。

そして、フライングステージでJAY、BOBBY、DKの3人、B.I、SONG、JU-NE、CHANの4人が端と端に分かれると、「広いな~、お~い! 」とお互いに呼び掛け、「お元気ですか~? 」(BOBBY)、「お元気で~す」とはしゃぐメンバーたち。「JAYさんが見えない」という毎度お馴染み、鉄板トークもここで飛び出し、さらには、「こっちのファンの皆さん、叫べ~! 」とそれぞれ自分たちのエリアにいるファンを盛り上げ、客席にインタビューすることに。
JU-NEもCHANもDKも、それぞれ自分の名前が書かれたボードを持っているファンを選び、「1番好きなメンバーは? 」と分かっていて聞き、自分の名前が返ってくるとニンマリ。そして、ちょっとした会話や、「名前を呼んでほしい」、「歌ってほしい」、「ダンスをしてほしい」などそのファンのリクエストにもたっぷり応え、ファンとの触れ合いを思い切り楽しんだ。

後半戦は「MY TYPE」、「WELCOME BACK」で、メンバーたちが愛嬌を見せながら、楽しい雰囲気を演出した後、“人間ツリー”を作るとし、ジャンケンに勝ったジナンをツリーに見立てて、飾り付けをする様子を収めたスペシャルムービーを挟み、「DUMB & DUMBER」「WORLDWIDE」で、再び会場の熱気を一気に高めた。

そして、360度のステージでフォーメーションや正面がコロコロ変わったため、「ダンスを間違えた(笑)」というメンバーたちに、「間違いはないです。遊んでいるんだから」とBOBBYが言えば、B.Iも「ステージでは情熱と、ファンの皆さんへの本気の気持ちさえあれば、カッコいいステージになるよ」とフォロー。「iKON」のステージパフォーマンスが魅力的な理由を垣間見た気がした。

ライブも終盤に入り、ことしの思い出を振り返るメンバーたち。心配性だというJU-NEは「家族と沖縄旅行に行って、海に入って、その海の真ん中でいろんなことを考えていたら、癒されました。旅行のおかげで心配性が治りました」と明かし、ドンヒョクは「ドームツアーで、いままで行っていなかったところにも行けて楽しかったです。初めて会うファンの皆さんもいて、楽しかったです」と。
そのドームツアーで、SONGは「最後のステージで、JAYさんが『PREFECT』のとき、歌いながら泣いていたのが記憶に残っています。でしょ? 」とJAYに話を振ると、「隠したけど、見えた? そうですか~。でも、その日ちょっと…、もう恥ずかしいから」と濁すJAY。次に話を振られたBOBBYは「いろいろあったけど、きょうが1番だと思います。新しいステージだから」と話し、CHANは「日本でツアーもいっぱいできて、頑張りたかったんですが、ケガをしてしまって悔しかったです。2018年は何より元気に過ごしたいです! 」と来年に向けての抱負も。JAYも「皆さんと一緒に、来年もたくさんいい思い出を作りたいです! 」と力を込めた。

本編最後は、「BLING BLING」、「RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)」で、最後までキレのあるダンスパフォーマンスを披露しながら、ファンを熱狂させ、「JUST ANOTHER BOY」で締めくくった。

アンコールは、「M.U.P」から。メンバーたちがセンターステージの中心で、輪になって登場すると、その輪の真ん中から、なんとサンタに扮したDKの姿が! しかも、メンバーたちから上着を剥ぎ取られ、肩ぱっくり。ほかのメンバーたちは花道に散って、客席にグッズを投げ入れ、サンタのようにプレゼントを配っているのに対し、DKは下ばかり向いて、恥ずかしそうにセンターステージ内をうろうろする姿が、ファンの心をくすぐった。この衣装は、ジャンケンをして勝った人が着ることに決めたそうで、初日はDKだったというわけだ。

「LOVE ME」に続き、「B-DAY」が終わって、着替えをしたDKが戻ってくると、「普通のドンちゃんですね。サンタはもう見たくない」(JAY)と苦笑いし、翌日のコスプレは誰になるのか、戦々恐々とするメンバーたちだった。

最後は再び、ファンの「RHYTHM TA」の掛け声が大きく響き渡る「RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)」で会場が一体となり、熱い余韻を残したまま、幕が閉じた。

今回は初の試みが多く、約2時間半、全く飽きさせない見どころたっぷりの構成で、エンターテインメント性の高いライブを展開した「iKON」。エンドロールでも、メンバーたちがサンタやトナカイ、ツリーなどの着ぐるみを着て楽しそうにする映像を映すなど、随所にクリスマス要素を散りばめ、ファンに一足早いクリスマスプレゼントを届けた。



【iKON X‘mas LIVE 2017】
2017.12.9 横浜アリーナ ―セットリスト―
01. B-DAY
02. WHAT‘S WRONG? 
03. SINOSIJAK REMIX
04. ANTHEM / B.I&BOBBY
05. This Christmas
06. PERFECT
07. SWIM -KR Ver.- / BOBBY
08. SECRET (Feat. DK, KATIE) -KR Ver.- / BOBBY
09. White Christmas with KATIE
10. AIRPLANE
11. APOLOGY
12. #WYD
13. MY TYPE
14. WELCOME BACK
-MOVIE-
15. DUMB & DUMBER
16. WORLDWIDE
17. BLING BLING
18. RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)
19. JUST ANOTHER BOY
<ENCORE>
20. M.U.P
21. LOVE ME
22. B-DAY
23. RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.