Wコラム インタビュー

【個別インタビュー】俳優ユ・ジュンサン、歌手・映画監督などマルチに活動する理由とは?

コメント

2017/12/15 21:14配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

ミュージカル「三銃士」、「フランケンシュタイン」、「あの日々」、「ロビン・フッド」など数々の名作で活躍する韓国ミュージカル界を代表するスターであり、俳優として、また歌手、映画監督としてもマルチに活躍するユ・ジュンサン

 最新作では、韓国で月火ドラマの同時間帯視聴率1位を独走した社会派ドラマ「操作(原題)」(CSチャンネル衛星劇場にて12月15日(金)~日本初放送)に出演し、後輩から尊敬を集めるエリート記者役を熱演。確かな演技力で物語に深みを与え、ドラマを引っ張った。

【画像】俳優ユ・ジュンサン、個別インタビュー

 また、歌手としてギタリスト、イ・ジュンファと「J n joy 20」というユニットを結成し、本格的に音楽活動も。年末にはコンサートも控えており、アグレッシブに活動を展開している。

 そんなユ・ジュンサンが、CSチャンネル衛星劇場にて、12月23日(土)に放送される「田代親世の韓流総決算2017」にゲスト出演するため、来日。スケジュールの合間を縫って、快くインタビューに応じ、この1年を振り返りながら、深い話を聞かせてくれた。


―1年の韓流シーンを振り返る番組「田代親世の韓流総決算2017」にゲスト出演されましたが、ユ・ジュンサンさんにとっては、2017年はどんな1年でしたか? 
韓国の数え歳で、もうすぐ50歳(1969年生まれ)になるんで、どうしたら充実した時間を過ごせるか、いろいろ考えました。それで、ライフワークであるミュージカルに出演しながら、ドラマの撮影もあったので、時間を上手く配分し、さらに、好きな音楽に関する仕事もして、本当に充実した日々を送りました。それから、音楽映画の監督もしていて、すでに2作品を作っているんですが、次の3作目は富士山で撮影します。ことし初め、富士山に行って、ロケハンも済ませました。来年1月、富士山で撮影をスタートさせる計画です。

―富士山を選んだのは、どのような理由ですか? 
最初の作品は南海(ナメ)で撮影し、次の作品は米国の都市を回りながら撮影したんですけど、3作目は、“春の物語”を撮りたいなと思い、どこで撮ろうかなと考えていたとき、僕の好きな日本映画「Love Letter」の「お元気ですか~? 」というシーンがふと思い浮かんだんです。それで、富士山で「お元気ですか~? 」と叫んだら、面白そうだなと思って、企画を進めることになりました(笑)。

―どのようなテーマの音楽映画になるんでしょうか? 
“変化”と“変化しないもの”をテーマに作ろうと思っています。「お前すごく変わったね」というときもあれば、「お前何も変わっていないね」というときもあると思うんですが、その2つの内容を全く別の形で描き、音楽映画で、自分の人生を音楽と照らし合わせてみたらどうか、というところからスタートしている作品になります。

―映画監督もされ、ミュージカル、ドラマ、音楽活動とバイタリティがすごいですが、その活力はどこからくるんでしょうか? 
演出に関しては、もともと映画が専攻だったし、音楽映画だったら演出したいと思い始めたんですが、結局、音楽も含め、僕がしている活動は、全て“いい俳優”になるための過程だと思っています。僕は年齢に似合わず、いろんなことに興味を持ち、好奇心が旺盛なんですよ(笑)。気になったことはすぐに調べたり、やってみたり。
それに旅行も好きで、いろんなところに行くんですが、今回日本に来てからも美術館巡りをしてきたんです。美術館に行くには歩かなきゃいけないし、自然にすれ違う人を見るようにもなるじゃないですか。そういう時間がすごく楽しくて。そういう過程から、いろいろな刺激を受けて、エネルギーがあふれてくるんだと思います。

―ユン・ジュンサンさんが目指している“いい俳優”というのは、どのような俳優なんでしょうか? 
20年以上俳優生活をしてきましたが、俳優は自分が生きてきた経験を作品に、そのキャラクターに投影することなので、経験値が多ければ多いほどいいと思っています。その人物の深みや、その物語をしっかり把握すれば、上手く表現できるからです。
でも、結局人間だから限界があって、だからこそ、自分を見詰めて、それを克服していく、ということを繰り返し、訓練しています。そうすることによって、少しでも良い演技ができるようになるのではないかと思って。でも、そういう部分は実際、目に見えるものではないので、どうすべきなのか、ということについて、常に悩みながら役と向き合っています。

―日本でも12月15日から日本初放送される「操作」は、ユ・ジュンサンさんが役の比重にかかわらず出たいと思い、出演を決めた作品だそうですね。
韓国でこれまで、こういう社会派ドラマは、なかなかできなかったんです。でも、政権が代わって、自然にこういうドラマが制作できるような状況に変わりました。個人的には政権が変わる前に、こういう作品が作られて、議論を巻き起こせたらいいなと思っていたんですけど(笑)。そういう状況から、いまはこういう作品が思いきりできるようになったし、僕個人的にもこういう社会を告発するようなストーリーが好きなので、台本をしっかり見なくても、出演したいと思いました。

―日本の視聴者にはどういう部分に注目してみてほしいですか? 
日本でも、現実的にこういう不正はありますよね? このドラマを見ることによって、代理満足してください。僕たちも漠然とやられてばかりいるのではなく、だからといって、外に出て戦うというわけではないんですが、“そういうことがある”ということを知っていれば、少しでも変化を起こすことができるので、ドラマを通して、そういう現実があるということを知り、考えていただきたいです。そうすれば、国も国民をむやみに扱うことはできないでしょう。まさに一石二鳥の効果があると思います。
それから、登場人物が多く、事件がいろいろ起こるので、集中していなければ、どんな内容なのか分からなくなります。だから、集中力を養うのにすごくいいです(笑)。1つの手がかりを見つけるため、ずっと事件を追っていくんですが、その手がかりが何なのか、待ちながら見るという面白さがあると思います。ただし、注意点があります。ドラマの途中でトイレに行くと、重要な手がかりを見逃してしまいます。トイレはドラマが終わった後に行ってください(笑)。

―その「操作」が終わった後、韓国で初演のミュージカル「ベン・ハー」に出演されましたが、いかがでしたか? 
ミュージカルのスケジュールはだいたい1、2年前に決まるので、その間でドラマが決まったら、どちらにも了承を得て、出演します。その場合、ドラマの撮影をしながらミュージカルの稽古をするんですが、ドラマが終わる頃、ミュージカルが始まり、重なってしまうときもあります。
「ベン・ハー」では、奴隷として売られていくシーンで、腹筋部分が見えるんですよ。別に奴隷なんだから、シックスパックにしなくてもいいんですが、キレイに見せたほうがいいだろうと思って、体を鍛えました(笑)。
また、ミュージカル側にもドラマ側にも迷惑をかけてはいけないから、ベストで臨まなくちゃいけないじゃないですか。それで、「ベン・ハー」は、歌も含めて、1週間で1幕と2幕のセリフを全部覚えました。たぶん、キャストの中で、僕が一番早くセリフを覚えたんじゃないかな(笑)。そうすることによって、「あの人はドラマをやっているから」という声が出ないようにしました。
ドラマの場合、終盤に差し掛かると、時間に追われるんですよ。そうすると、若い頃は制作チームに、「次の日公演があるから、8時までに撮影を終えてください」とお願いしていました。それが、30代になってくると「10時までに撮影を終えてください」、40代になると「12時までに撮影を終えてください」と変わり、50代が近づいてきたら、「朝までに終えてくれたらいいですよ」という言い方になりました。それで、ドラマの撮影が朝4、5時に終わって、ちょっと寝て公演に行く、ということがあり、体力的には大変でしたね(笑)。

―ちょっと寝ただけで、ミュージカルの公演を行うというのはすごいですね。
年をとって良かったと思うのは、4、5時間寝ただけで、体が回復するということです。そんなに眠くならないんですよ(笑)。そんなことを続けていたら、5時間も寝たら、体が回復するようになりました。

―見た目的にも、本当に若々しいですよね。年を感じさせないというか。
最初の音楽映画は「僕が君から学ぶこと」という作品だったんですが、これは僕が若者をやたら説教する、小言を言うというものなんですが、自分自身も父親だから、子供たちに知らず知らずのうちにそんなことをしていたんです。ある日、奥さんに「そういうことはやめて」と言われて初めて、自分もそうなっているんだということに気付いたんです。
いま一緒に音楽をやっている20歳年下のイ・ジュンファにも、この音楽映画を作りながら、小言を言ったり、同じことを何度も言ったり。そうしてできた作品なので、この映画はある意味、自分をディスる映画になっています。そうして、自分自身を反省し、“そうならないようにしよう”“もっと思考を広げよう”ということを考えました。
年をとっていい面もありますが、自分のほうが年上だからという理由で、権威的になってはいけないと思うし。年をとったからといって、必ずしも成熟しているわけではなく、中には年相応の行動をとれない人もいますからね。だから、僕も自分に鞭を打ちながら、もっといい大人になろうと。そういうことを考えながら、先ほども言った好奇心、関心が自然とわきあがるようになり、若々しくいられるんじゃないでしょうか。でも、こういうことって遺伝もあるらしいですよ(笑)。

―イ・ジュンファさんとは、ユニット「J n joy20」の年末コンサートが控えていますね。曲作りもご自分でされているということですが、演技とは違う音楽の魅力はどういう部分でしょうか? 
俳優は自分を通して、物語を伝えますが、音楽は自分の話を作ることができるし、自分の考えを込めることができるのが魅力だと思います。20歳の頃から、1年に1冊のペースで日記を書いているので、もう29冊もあるんですが、それを見返していると、いろんなことを考えるようになり、それがいい時間になります。
あと、旅行をしながら、突然起こる出来事や、例えば風が吹いて、なんらかの感情が刺激されて、感じたことを音楽として表現してみたり。そういうものが、皆さんの共感を得られればうれしいし、もし共感してもらえなかったら、次もっと良くなればいいなと思うし(笑)。音楽を作っているときは、自由な魂になることができるので、音楽活動を続けているんだと思います。

―音楽活動といえば、日本でも10月1日にオム・ギジュンさん、ミン・ヨンギさん、キム・ボムレさんと4人でプレミアムコンサート「THEONE」を開催され、大盛況だったようですが、いかがでしたか? 
とてもよかったです。ステキな友達に会うということ自体、幸せだったし、みんな忙しくて時間があわなかったので、深夜に練習をしたんですが、深夜に練習をしても苦にならないぐらい、楽しかったです。付き合いが長い友達なので、セリフとかも、あえて作らなくても、自然に水が流れるかのように出てくるので、そんな姿を観客の皆さんがご覧になり、幸せを感じられたのではないかと思います。4人でのコンサートは本当に特別なコンサートでした。

―今後の活動計画を教えてください。
最初にも言いましたが、富士山で「スプリングソング」という音楽映画を撮影するのと、3月にミュージカル「三銃士」の10周年公演があり、数年前に出演の約束をしたので出るんですが、「三銃士」を50代でやるのは簡単なことではないので…。僕はいいんですが、観る方が大丈夫なのか、ちょっと悩みどころなんです(笑)。これを最後の公演にするのか、もっと続けるのか、そういう岐路に立っています。そして、その後には、「フランケンシュタイン」のアンコール公演も決まっているし、その合間に映画も決まっています。

―来年も相変わらずお忙しそうですね。
ハイ、幸い忙しいです。(笑)。日本でも、10月の「THEONE」がすごく楽しかったので、来年もその延長で、また4人でコンサートができたらいいなと思っています。


 今回初めてユ・ジュンサンと会ってみて、アラフィフとは思えぬほど、肌がキレイで若々しいことに驚かされたが、それは内面からくるもので、ポジティブなエネルギーあふれるマインドが、若さを保つ秘訣なのだということをインタビューを通して、実感した。

 インタビュー後、「自分の考えなどを深く話せるインタビューが、日本でもできたということがうれしかったです。こういう機会がもっと増えるといいなと思っています」と紳士的なあいさつまで、振舞いも完璧で、本当にステキな年のとり方をしていると思わせる俳優だった。ユ・ジュンサンはまだなお進化を追い求め、貪欲に走り続けている。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.