全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

女優ソン・ユリ、SBSドラマの出演料8000万ウォンを約10年間未支給のまま

コメント

2018/01/12 18:59配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

<拡大写真>

韓国女優ソン・ユリ(36)が、あるドラマの出演料を10年近く支払われていないという。

 2009年に放送された「太陽を飲み込め」に出演したソン・ユリは、約8000万ウォン(約840万円)の出演料が支給されずにいることが分かった。およそ10年も未支給が解決されないでいるのだ。

 「太陽を飲み込め」は、全般的に俳優への未支給状態が多いドラマだ。現在、ソン・ユリを始めとして、主演俳優のチソンも1500万ウォン(約160万円)、ソ・イヒョンは2400万ウォン(約250万円)がまだ支給されていない。

 「太陽を飲み込め」の制作会社であるニューポートピクチャーズは、2011年に未支給問題が発覚した時、その年の7月末までに完納することを約束したが、その約束は守られていなかった。

 主演俳優に加え、助演俳優などの被害も深刻な状況だ。助演以下の俳優たちの場合、出演料が生計に大きな影響を与える。多数の関係者は「配役が少ない上、制作会社まで廃業し、訴える所がない。他の撮影に臨むために金を借りて充当するほどだ」と劣悪な環境を吐露した。

 女優ク・ヘソン、俳優キム・ウビン、コ・スも出演料の未支給が明らかになっていた。ク・ヘソンは昨年、2011年に出演したドラマの制作会社から計2憶6000万ウォン(約2700万円)が支払われていなかった。その後、制作会社Aは裁判所からク・ヘソンの出演料に対する支給命令を下されたにも関わらず、出演後6年たっても解決できないでいることが分かった。

 また俳優コ・スやキム・ウビンも数年間、広告モデル料を支払われていないでいる。コ・ス、キム・ウビンと広告関連のエージェンシー契約を結んだS社は、広告主から受け取ったモデル料を2人の俳優に支払っていない。キム・ウビンには6600万ウォン(約690万円)、コ・スには1億2500万ウォン(約1300万円)が支払われていない。

コメント




この記事が気に入ったら




ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.