安倍首相、平昌五輪開会式出席を見送る方針=日本メディア

2018/01/11 09:50入力

<拡大写真>

日本の安倍晋三首相が来月9日に開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕式出席を見送る方針を固めた。日本メディアが11日、報道した。

 メディアは複数の政府関係者の言葉を引用し、「表面的には22日に招集予定の通常国会があるためだとしているが、慰安婦問題を置いて文在寅(ムン・ジェイン)政権が日本政府に新たな措置を求める姿勢を見せたことを受けてのもの」と解釈した。

 康京和(カン・ギョンファ)外相ら韓国政府はこれまで、安倍首相の訪韓を要請してきた。日本メディアは韓国政府による慰安婦合意関連の後続措置を論じ、「日本政府は最終的かつ不可逆的な解決を盛り込んだ日韓合意を見直す動きだと判断した」と伝えた。

 ただし、日本政府内では安倍首相が訪韓し、日韓合意の順守を文大統領に直接要求すべきとの意見も根強くあると、付け加えた。


この記事が気に入ったら






ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.