イ・ジョンウンのプロフィール

<拡大>

イ・ジョンウン

映画「パラサイト 半地下の家族」で世界的に有名になり数々のヒット作に登場する女優。

イ・ジョンウンの代表作

【ドラマ】
『女王の教室』(13/MBC)、『青い巨塔』(13/tvN)、『青い巨塔ゼロ』(13/tvN)、『シットコム ローヤルマンション』(13/JTBC)、『ずる賢いバツイチの恋』(14/MBC)、『高校世渡り王』(14/tvN)、『ずっと恋したい』(14/SBS)、『Who are you‐学校2015』(15/KBS)、『ああ、私の幽霊さま』(15/tvN)、『私のファンタスティックな葬式』(15/SBS)、『錐』(15/JTBC)、『リメンバー‐息子の戦争』(15/SBS)、『笛を吹く男』(16/tvN)、『戦おう、幽霊』(16/tvN)、『嫉妬の化身』(16/SBS)、『月桂樹洋服店の紳士たち』(16/KBS)、『力道妖精キム・ボクジュ』(16/MBC)、『アイスホッケー』(17/MBC)、『明日、あなたと』(17/tvN)、『泥棒野郎、泥棒様』(17/MBC)、『サム、マイウェイ』(17/KBS)、『分かることもできる人』(17/JTBC)、『あなたが眠っている間に』(17/SBS)、『KBSドラマスペシャル~丸坊主の恋愛』(17/KBS)、『ミスター・サンシャイン』(18/tvN)、『知ってるワイフ』(18/tvN)、『眩しくて』(19/JTBC)、『他人は地獄だ』(19/OCN)、『椿の花咲く頃』(19/KBS)、『愛しのホロ』(20/Netflix)、『半分の半分』(20/tvN)、『一度行ってきました』(20/KBS)、『ロースクール』(21/JTBC)、『未成年裁判』(22/Netflix)、『私たちのブルース』(22/tvN)



【映画】
『不朽の名作』(00)、『ワニとジュナ』(01)、『マザー』(09)、『弁護人』(13)、『虫』(13)、『ドヒ』(14)、『カート』(14)、『トクス里の5兄弟』(14)、『朝鮮名探偵:日雇い労働者の娘』(15)、『ヘルモニ』(15)、『特ダネ:リャンチェン殺人記』(15)、『検事外伝』(16)、『好きになって』(16)、『哭声』(16)、『その日の雰囲気』(16)、『私一人で休暇』(16)、『再審』(17)、『保安官』(17)、『オクジャ』(17)、『軍艦島』(17)、『タクシー運転手』(17)、『大人図鑑』(18)、『ミス・ペク』(18)、『焼肉ドラゴン』(18)、『言葉集め』(19)、『未成年』(19)、『パラサイト 半地下の家族』(19)、『MR.ZOO:消えたVIP』(20)、『私が死んだ日』(20)、『玆;;;山魚譜』(21)

イ・ジョンウンの略歴

韓国女優イ・ジョンウンは、映画「パラサイト 半地下の家族」で世界的に有名になり数々のヒット作に登場する女優。母親役が多いが実際は未婚(2022年現在)。


このページが役に立ったら